介護と医療の経営

これからも偉い人の給料は高いのか?

nakayama
こんにちは!最近、食品の買い物をするとレジでのお支払いがなんか高いと感じているナカヤマです。給料もっと上がらないかなって思うので流行りのキャリア論を含めてどうしたら上がるかなって話です

ナカヤマのひどい新人病院時代

sasint / Pixabay

まずはナカヤマの新人時代の給料の話。

私が就職したのはもう11年前になります。地域の総合病院に就職しました。選んだ理由は、、、雰囲気です。笑

しかも後で聞いた話では、面接で採用か不採用か迷ったらしいです。

問題の発言はたぶんこれ

 

あなたの長所はなんですか?

自分が長所とかっていうのは他人が決めるところですので正直わかりません」

 

こんな感じで、完全にコイツやべーなです。面接していただいた方本当に申し訳ありません。

ですが、ご厚意で入職させていただきました。

就職したのは長野県の病院です。長野県は平均給与が全国最低ランクです。

初任給188,000円だったかと思います。

そんなこんなで半年くらい働いているとこんな疑問がでてきます。

(末端で稼いでいる額は、一番偉いPTより多いけど、どうして給料はこんなに違うんだろう)

当時で計算した覚えでは、平均月に85万円から100万円をリハビリで稼いだことを覚えています。

 

もちろん稼いだ額には、設備費や事務職、医師の人件費も載ってくるので単純に参考にはできませんが、今回は偉い人との給料の「差」ですのであまり気にしない。笑

 

ではそんな若かりし日の自分にこう言ってみます。

「ナカヤマさんの給与はいくらが妥当ですか?」

 うまく適合する度合い。「妥当性に欠ける」「妥当性を問う」

 哲学で、認識や価値や意味などが普遍的、必然的に是認される場合、それらがもつ性質。

    出典 デジタル大辞泉(小学館)

 

上手く適合する?

「給料」を決める場合は何に適合するんでしょうか?

まだよくわからないです( ;∀;)

言い値で給料上げるっていう経営者がいたらってTwitterで質問するとこんな返答が…

自分の価値を自分で決めるって難しいね!!

世の中の給料の決まり方

需要と供給

わたしが需要と供給で値段を決めるということにこんな話をみかけました。

確かアメリカアリゾナ州での大きなタイフーンによる災害だったと思います。このとき住む場所や食べる場所がなくなりモーテルの宿泊費がすさまじく高騰したそうです。

一泊数千円だった宿泊料が数十万円まで高騰して、政府が指導に入ったという記事がありました。

欲しい人がいたらどんな値段でも買う人がいるし、逆に欲しい人がいないとやっすい相場になります。

では新人という労働力は欲しい人がいないのでしょうか?

新卒で働く人の価値は?

十年前までのカリスマリーダー時代の人材の評価は

  • 社畜の様に長く働く
  • 社畜の様に文句をいわない
  • 社畜の様に嫌なこともこなす
  • 社畜の様に社畜を作り出せる

これができた人は優秀だった。この評価基準では「生産性」とか一切無視なわけです。院長先生の御意向のままに!と自分をすり減らせる気を使える人間が評価されました。

ここに照らし合わせると、当時の私は最低時給で雇うか、お断りのどちらかだったわけですね笑

今だに組織に意見すると突然月曜の朝から職場移動になる病院もある様です((((;゚Д゚))))

ちなみに、そういう病院ってそんなこと知らないはずのお患者さんからの評判もめちゃくちゃ悪かったりする。

ですが、最近その相場が変わりつつあります。

病院でみたいなところでも直接稼ぎを上げないのに、病院で給料をもらえる働き方が出来てきている。

“これからも偉い人の給料は高いのか?” の続きを読む